chateau de chailly - hotel**** golf
現在の位置 :   Home > ホテル > 歴史と理念

シャトーの歴史

ケルト起源のその名が示すように、シャイイは古くからケルト人が住んでいた土地でした。 12世紀、現在シャトーのある場所に築かれた「要塞」は、 15世紀の初頭、ロジュ領主ジャンの手で4つの塔と跳ね橋を備える本格的な要塞に改築されました。 今日のシャトーの姿は、彼の孫ユーグの代に美しいルネッサンス様式の住居に改造されたときからほとんど変っていません。 その後、シャトーはルネ家、ブリュネ家、ティエ家とさまざまな一族の手に渡りました。

1789年のフランス革命の間、シャトーは「荘園の農夫」であったオーギュスタン・ゴダールやシャイイ村長、アルネ=ル=デュックの警察署長などの熱烈な愛国者たちによって手厚く保護されました。 1796年オーギュスタン・ゴダールの手に渡ったシャトーは、1888年シャロン一族に買い戻されました。

現在のオーナーである佐多保彦は、1987年以来、志を同じくする100名にも及ぶ僚友、相棒となっていく人々の熱心な協力を得てシャトーの改修を進めてまいりました。 現在では「歴史的建造物」の指定を受け、ブルゴーニュ地方でもっとも豪華なホテルの1つに数えられています。

シャルル7世
(1401-1461) ブルゴーニュ公に、公爵領のフランス王家への返還を交渉した人物。
ギヨーム・ドゥ・ロジュ1400頃生存
アニェス・ドゥ・ラ・ブレイと結婚し、妻の持参金として
12世紀からシャイイに存在していた「要塞の家」を受け取る。
ジャン・ドゥ・ロジュ1417~1455
1450年頃ルイーズ・ドゥ・ラビュタンと結婚し、「要塞の家」を本格的な要塞に改築する
ルイ11世
(1421-1483) 1461年即位
シャルル8世 (1470-1498)1483年即位
シモン・ドゥ・ロジュ1世 ラ・ブレイとシャイイの領主
シャルル勇胆公とルイ11世の侍従。
1489年までシャトーを所有する
ルイ12世
(1462-1515)
フランソワ1世 (1494-1547) 1515年即位
ユーグ・ドゥ・ロジュ2世 1470年頃~1531年没
バイイ・ドータン
妻: 1) クロード・ラビュタン - 2) シャルロット・デュ・メスニル=シモン
2番目の妻の協力で新しいシャトーの建築に着手する。
1489年~1531年、シャトーを所有。
アンリ2世
(1519-1559) カトリーヌ・ドゥ・メディシスの摂政を務める
ルイ・ドゥ・ロジュ2世 ラ・ブレイとシャイイの領主
妻: 1) ガブリエル・ドゥ・ビュルジュ 1544 - 2) カトリーヌ・ダルム
シャトーを完成させた人物。この後、シャトーに大きな改修工事は行われていない
1531~1565年、シャトーを所有
シャルル9世
(1550-1574) 1561年即位
アンリ3世 (1551-1589) 1574年即位
シモン・ドゥ・ロジュ2世
直系の子孫なく死亡したバイイ・ドータンの弟
姪のアントワネット・ドゥ・シャステリュックスがシャトーを相続する
1565~1595年シャトーを所有
アンリ4世 (1553-1610)1589年即位 エドム・ドゥ・ロシフォール=プルヴォー バイイ・ドータン 1594年
シモン・ドゥ・ロジュ2世の兄弟の孫娘が妻のジャクリーヌ=フィリップ・ドゥ・ポンタイエだったため、
1598年、シャイイの領地が彼の手に渡る
1598年~死亡するまで(没時不詳)シャトーを所有
ルイ13世
(1601-1643) 1610年に即位
母のマリー・ドゥ・メディシス
が摂政を務めた
ロジェ・ドゥ・ロシフォール=プルヴォー (長男)
バイリー・ドータン 1634~1644年、子孫なく死亡
1644年までシャトーを所有
ルイ14世
(1638-1715) 1643年即位
母のアンヌ・ドートリッシュ
が摂政を務める
フランソワ・ドゥ・ロシフォール=プルヴォー (エドムの次男)
ラ・ブレイ伯爵であり、シャイイの領主
1644年にシャトーを売却
1644 ~1664年までシャトーを所有
ルイ14世
(1638-1715)
ピエール・ルネ ディジョン生 1600年~パリ没 1671年 - 1637年、ディジョン議会の顧問に就任
彼の死後、未亡人が1672年シャイイの領地を売却
1664~1672年シャトーを所有
フィリベール・ブリュネ ボーヌ生 1597年~ボーヌ没 1673年 - シャイイ領主 - 1672~1673年所有
ジャン=バティスト・ブリュネ ボーヌ生 1623年~パリ没 1703年 - 徴税請負人 - 国庫出納係
男爵領への封土制を確立- 1673~1703年シャトーを所有
ルイ15世
(1710-1774) 1715年即位
フィリップ2世(オルレアン公)が摂政を務める
ピエール・ブリュネ パリ生 1661年~パリ没 1744年 - シャトレとパリ議会の顧問
子孫なく死亡したため、遺産は甥が相続
1703~1740年シャトーを所有
ジャン=バティスト・デュ・ティエ ボーヌ生 1687年~パリ没 1744年 - パリ議会の顧問
1740~1744年シャトーを所有
ルイ16世
(1754-1793) 1774年即位
革命政府
シャルル=ジャン=バティスト=デュ・ティエ ボーヌ生 1710年~パリ没 1796年 - パリ議会の顧問
1744年~1796シャトーを所有
総裁政府
帝政時代の幕開け
アンリエット=ルイーズとシャルロット=アンリエット・デュ・ティエ 領地を相続 - 1803年に売却 - 1796~1803年シャトーを所有
第一帝政
ルイ18世
(1755-1824) 1814年即位
オーギュスタン・ゴダール 1762生 - シャイイ没 1821年 - 元農夫 - 1803~1821年シャトーを所有
シャルル10世
(1757-1830) 1824年即位
オーギュスト=オーギュスタン・ゴダール シャイイ生 1795年~シャイイ没 1825年 - 1821~1825年、姉妹と共同でシャトーを所有
ルイ=フィリップ
1830~1848年在位

第二帝政
オーギュスタン・ジョゼフ=マリー・ゴダール 1859年まで叔母たちと共同で、その後1859~1861年単独でシャトーを所有
オーギュスト=エドモン・ゴダール シャイイ生 1859年~ヴァンドネス没 1888年
1861~1888年シャトーを所有 - 子孫なく死亡したため、後継者たちがシャトーを売却
第三共和制 アントワーヌ・シャロン1889~1909年シャトーを所有
第四共和制
第五共和制
レオン・シャロン クレアンセ生 1878年~シャイイ没 1967年 -1909~1967年シャトーを所有
ジャン・シャロン 1987年までシャトーを所有
佐多保彦 1987年よりシャトーのオーナー- 廃墟と化していたシャトーを改修し現在の使用目的で
復興。1994年、仏芸術文化勲章の授与を受ける。